あきの水草ブログ

アクアな内容を書いて行きます。

04.初めての水槽 生体導入編

生体導入編です。

 

植栽してから、1週間が経ちました。

恐らくそろそろ水も仕上がったことでしょう。

飼育水を使っている訳では有りませんが、プラチナソイルは、すぐエビを入れても良いような性能があるようです。

今回は、念のため1週間時間を開けました。

お作法的にやるなら、テトラの試験紙でテストするのが、良いのでしょうが、めんd..

いや、プラチナソイルの力を信用しました。

 

と言うことで、パイロットフィッシュの考察です。

ネットの情報を読み漁ると、どうやら丈夫な種類として、アカヒレネオンテトラなど有名どころがピックアップされております。

但し、嫁さんに見せたところ、いまいち反応が良くない。

動画で見せても、色鮮やかな系は、受けが悪い。。。

こうなったら、再度ショップ訪問と行きましょう!

見て決めてもらうしかない!

 

と言うことで、行きました

今回の訪問先は、東京サンマリンさんです。

理由は、

⚫近場で初心者向けの生体が居そうということ。

⚫大きいな店舗なら、初心者の扱いに馴れてそうと言うイメージ。

 

もちろん、写真はありませんが

広い店内で1階は、水草と淡水魚

2階が用品と海水魚

3階がペットコーナー

という感じです。

用品が多いので店内広くて見易いですが、

水草レイアウトをしたいのなら、

パウパウアクアガーデン>東京サンマリン

生体重視や海水魚なら逆。

といった印象を受けました。

 

ホームセンターやショッピングモールのペットコーナーしか知らない私にとっては、二つとも素晴らしいお店ですので、誤解だけしないで頂きたいと思います。

 

実際に見て決めたのが、この子

 

(熱帯魚)オトシンクルス(3匹) 本州・四国限定[生体]

みんな大好きオトシンクルスです。

完全に嫁さんの心を掴みました。丸目がかわいいと、ほぼ即決。

店員さんに相談しましたが、パイロットフィッシュとしても問題無いそうです。

プラチナソイルなら、尚更。

 

そして、家へ持ち帰りお迎えの儀式です。


f:id:akirame00toilet:20170719085101j:image

 

私の点滴式は、シンプルなセッティングです。

余ったカップに生体を入れて、

余ったチューブとキスゴムを使うのみ。

後は、チューブを縛って、口で吸って水を呼び込みます。

点滴量は、チューブの絞り具合を変えれば、コック要らずです。

 

ぼーっとしてる間に水が貯まるので、適時捨てて3回ほど水を捨てたら、水槽にお迎えします。

 


f:id:akirame00toilet:20170719084538j:image

 

右はじにおりますが、確かにかわいい!

もともとコリドラスを心の底では望んでいたので、行動が似ているオトシンクルスは、私もツボにはまってます

 

まずは、この子で様子を見て次なる生体をリサーチしたいと思います!

 

次は、遂に水槽に登場!あの厄介なヤツ!編です。